おじさん医師の挑戦!

41歳のおじさん医師が何かできないかと模索してます

ほんとに医師不足?【COVID-19物語:ワクチン接種編】

世間で医師不足とか、ワクチン不足とか言われて、しばらく経ちました。さすが、行政というか国の力は強く、結局お金かければなんとでもできるし、国民が望むのであれば莫大な費用をかけられるわけです。

もし、これが市町村のみの予算であれば、市の職員+アルバイトを募集、あと医師会・病院や看護協会に若干の謝礼で依頼ということになれば、到底このスピードに収まらないと思います。

 

お金かければ、イベント業者も暇ですし、慣れているので、そこに丸投げで依頼して、プラスで市町村から小学校や公民館など借りて、人材派遣会社にお金をかけて依頼すれば医師も看護師もすぐ集まります。

すでに医師の求人はワクチンの人気が高く、あっという間になくなります。もはや、ワクチンは医師不足ではありません。

f:id:takashi_tk2001:20210530143657j:plain

個人的には発熱外来のほうが手間も労力も全然かかるし、嫌な思いもするし、危険性もあるのでそっちの方がはるかに高い給料でいいかもしれませんが、はやはり医師会というか、民意がワクチンにかける期待が多いのか、ワクチンはどんどん進んでいます。

もちろんこれでコロナが収まれば言うことはないのですが。

 

ちなみに、医師の代わりに看護師や薬剤師が問診とかいうコメンテーターがいたわけですが、前にもお離したように、何かあった時に救急対応できる必要があるわけで、飛行機のオートパイロットと一緒で医師がいるのは必須です。

 

正直なところ問診だけならAIのほうが、いいかもしれません。でも緊急時の対応がある以上医師は必須だと思いますし、私が心配しているのが夏です。すでにかなり暑いので普段外出しない90歳台以上の高齢者が炎天下移動するのが危険かなと思います。

 

ぜひ、冷房を。