おじさん医師の挑戦!

41歳のおじさん医師が何かできないかと模索してます

本当に問診に医師いらないと思っている人へ【新型コロナ物語:ワクチン接種編】

新型コロナのワクチン接種は急速に広まっていますので、おそらく冷凍管理などしなくていいワクチンがより普及しかなりのスピードで広まっていくと思います。

医師不足を言っているのは、いちぶきちんと人材派遣とか通さない自治体とかがいいっているのかと思います。お金出せば医師は集まります。土日にバイトをしたり、あるいは普段検診などのフリーランスの人がワクチン接種に動いたり。

 

でも、おじさん医師は問診というか現場には医師が必要と思います。問診は正直AIでもいいと思います。同じかより高い精度になるかもしれません。でも接種している場所には医師は必要と思います。

f:id:takashi_tk2001:20210518121335j:plain

(写真はフリーの素材を使わせてもらっています)

 

 そんな、ほぼ副作用ないんだし、あっても死なないんだしと思う人がいると思います。またそれをテレビで言う人は残念だと思います。前にもお話しした通り注射は誰でもOKですが、何かあった際の急変時には医師が必要と思います。

またコロナだけではなく、高齢者がものすごい数集まれば、待ち時間に熱中症狭心症脳梗塞など起こりうるわけです。

 

で、看護師さんは慣れている人もいると思いますが、薬剤師さんとか獣医さんは、そんな場面に出会うわけでもなく、その人に対応をお願いできるはずがありません。

 

考えてみてください、飛行機でオートパイロットでほぼ安全に離着陸できます。無人での飛行機は大丈夫です。

で、その医師不要論の人に聞きたい、「パイロット不足で超法規的措置により、当機はオートパイロットでほぼ安全に運航しているので、パイロットは乗務しておりません。」で、飛行機乗る?

 

飛行機でエンジン止まっても、10分位は墜落しないで飛んでるでしょ?でも重症なアナフィラキシーだったら、わかんないっすよ。