おじさん医師の挑戦!

41歳のおじさん医師が何かできないかと模索してます

北京大董烤鴨店。北京ダックのお店だよー。

 上海といえば上海ガニ。北京といえば、北京ダックでしょう…。

それはさすがに誰も疑わないと思います。

前に上海ガニは高いよねー。というお話をしたと思いますが、なぜ高いなーと思ったかというと、北京ダックが安かったから。

 

こちらは、北京でも最大手と思われる北京ダックやさんです。確か、人気で日本にも出店したと思いますが、日本の出店って、名前とかのライセンス契約とかのことが多くて、ほんとに同じかと言われると、わからないです。で、価格は日本価格になっていました。

 

北京のお店は、日本価格ではありません。というか、ビル全体がこの店みたいな感じなので、日本人だけではなく現地の人向けのお店です。でもねー、中国って別に安い場所って感じじゃもうないと思うんですよね。確かに、人件費やすいのはありますが、それは、郊外のところだし、北京とかでの金持ちは日本よりたくさんいると思いますし、物価も、そういう店は安くないです。

不動産とかの価格とかも結構高かったんだよねー。

f:id:takashi_tk2001:20210603214948j:plain

ぱっとみ、なんとなくきれいさも高級感もないですが、ちゃんとしていましたよ。予約はしていなかったので30分ほどまりました。

f:id:takashi_tk2001:20210603214953j:plain

なんか、うまい写真がなくて申し訳ないのですが、いわゆる一番外側の皮と、その内側の肉も食べれるように切ってくれます。入口あたりには、ぐるぐる回っているアヒルさんが山のようにいました。これはやや複雑な気持ちで見ざるを得ませんでした。

f:id:takashi_tk2001:20210603215001j:plain

で、日本だとこのパンみたいな、くるむやつがそんなにないというか、包んでくれることが多いです。だって、1匹10000円くらいするしね。でも、北京は1匹2500円程度。他のもたのんでもいいのかもしれないのですが、中国は基本中華料理なので、夕食も中華食うんだからということで、北京ダック1羽とビールにしました。

f:id:takashi_tk2001:20210603215007j:plain

お店の人が、アヒルをさばいてくれます。このときはまだコロナとか世の中に出ないくらいの時でしたが、マスクされています。そのくらい、ちゃんとした店という証かなと思います。

f:id:takashi_tk2001:20210603214908j:plain

 でも最終的にくるむのは自分です。